au 版 iPhone 4S の Micro SIM にアダプタをつけて Android や Windows Phone で使用できるか検証してみた

投稿者: Tomotoshi Sugishita 2011年11月4日 13:43

久しぶりにちょっと技術よりのネタ。

先日、マイクロソフトの開発者向け配布の IS12T を私も入手し、それまで使っていた iPhone 3G とおさらばし、au に MNP してしまったわけだけど、
予定通り au からも iPhone 4S が発売され、初モノ好きな私は例によって購入したのは言うまでもない。

実は単に初モノ好きというだけで購入したわけではなく、あくまでも自称 Windows Phone Developer なので、IS12T と同回線にて併用できる(もちろん SIM の差し替えなので、同時には使えない)という前提なら購入もありということで、事前にいろいろと情報を集めていたのです。
ウワサではいけるらしいということなので、最悪 iPhone のみのユーザーになってもまぁいいやな感じで、同時に SIM アダプタも通販で注文し、iPhone 4S を予約入れました。

その後、iPhone 4S に関しては予定通りに入手できたのですが、SIM アダプタがなかなか届かない...。

注文から約1週間以上経ち、本日ようやく SIM アダプタが届いたので、早速検証してみました。

まず、iPhone 4S の側面にある SIM スロットを付属のピンを使って取り出します。

取り出した Micro SIM にアダプタ(俗にゲタとも呼ばれる)を着せてやります。
本当は、付属のシールかセロテープを貼ってアダプタからSIMが外れないように固定した方が良いです。

IS12TのSIMスロットは本体内部にスロットインするタイプではないので、シールを貼らなくても大丈夫かなと判断しそのままいってみた。

無事、SIM 挿入完了〜!

早速、IS12T を起動〜。

あれ? 3Gにならないぞ...。あー。「えいっ!」

できました!

3Gにならなかったのは、SIM が差し替わった時に、「データ接続」が自動的に「オフ」になってしまうのか、はたまた自分で「オフ」に設定しちゃっていたのか...。
とにかく、3Gにならなかったら、「設定」→「携帯ネットワーク」→「データ接続」を確認してみてくださいな。

とりあえず、これでその日の気分で、iPhone と Windows Phone を使い分けられるようになりました。
(ただし、SIM の差し替えによりパケット定額の範囲で IS12T が使用できるかどうかは検証していませんので、このあたりは自己責任でお願いします。)

また、IS12T に関しては、もともと SIM フリー端末なので SIM を差し替えてもそのまま使えますが、SIM ロックがかかっている Android 端末やガラケーなどについては、別途 au ショップにて有償でロック解除をしてもらう必要があるようです。
試しに手持ちの IS05 にアダプタをつけた Micro SIM を入れてみましたが、想像していた通り、ロックがかかっていてダメでした。

とにかく、ネットで「au版iPhone4SのSIMカードは他のau携帯電話に挿して使えます」というお話は、検証の結果、「本当に使える」。でした。
(自分で実際に見てみないと信用しないもので....^^)

動作やパフォーマンスについては、まだ始めたばかりなので詳しくは検証できてませんので、そのあたりはご自身でどうぞ。

タグ: , ,

Smart Phone

コメントを書く




biuquote
  • コメント
  • プレビュー
Loading



杉下 朋年

Tomotoshi Sugishita
Tomotoshi Sugishita
< D&UNITE 株式会社 >

Microsoft MVP
Microsoft MVP for Development Platforms
- ASP.NET/IIS Jul.2009 - Jun.2012
Microsoft MVP for Development Tools
- Visual Basic Jul. 2004 - Jun. 2009

 

カレンダー

<<  3月 2017  >>
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

投稿一覧をカレンダーで表示